BLOG

  • HOME
  • BLOG
  • 時期ケイマン&ボクスターには4気筒ターボ搭載が間違いなさそう?

時期ケイマン&ボクスターには4気筒ターボ搭載が間違いなさそう?

このエントリーをはてなブックマークに追加

01-2015-porsche-boxster-gts-fd-1

981系が発表されて既に3年が経過し早くも本国ではマイナーチェンジが騒がれています。ヨーロッパ環境規制の問題で自動車メーカー各社はダウンサイジングエンジン+ターボチャージャーエンジンが主流となってきました。そんな中時期ケイマン&ボクスターも6気筒→4気筒へのダウンサイジングターボかが有力なようです 😯  😯 時代の流れですね〜〜

スクリーンショット 2015-08-04 10.08.28

ドイツニュルブルクリングでのテスト走行SPYショットではサイドインテーク形状の変更されているのが確認出来ます。搭載エンジンが現行のNA自然吸気エンジンから変更されるのは間違いなさそうですね。

気になるスペックですがダウンサイジング化された場合2.0Lターボ / 2.5Lターボの2種類が取り上げられておりベースモデルでは2.0Lターボエンジン240hp、S / GTSモデルでは2.5Lターボエンジン300hp / 370hpと性能調整が行われる模様です。新世代のターボエンジンですからパワーの伸び代は十分に有るでしょう!燃費も良し!

ポルシェでは時期991カレラモデルもターボ化が騒がれており非常に希少性が高くなってきた6気筒NAエンジン、

20150409-20102416-carview-000-2-view

そんな中衝撃のデビューを飾ったのがケイマンGT4!911由来の3.8Lエンジンに385psのスペックは誰もが期待していた仕様では無いでしょうか??911GT3に比べるとデチューン感は否めませんがスポーツドライビングを楽しむには十分に操れる車輛なのは確かです。最新ターボエンジン搭載モデルでパワーを追い求めるのか、希少性の増してきたNAエンジンを求めるのか、今後のポルシェマーケットの動向が楽しみですね!

20150409-20102416-carview-004-2-view

ちなみに現在大量のB.Oを抱えているポルシェケイマンGT4、おそらくは最後のNAモデル・・・ですが、来年6月頃迄は本国での生産が継続される模様です。国内でのオーダーリミットも来年早々ぐらいではないでしょうか?正確な納車時期は未定ですがまだ間に合うと思います!やっぱりNAでしょうと言う方はご予約をされてみては如何でしょうか? :mrgreen: このスペックはかなりバーゲンプライスだと思ってます!

お車をご検討の際一度店頭までご相談頂けましたらと思います。 😆

まずは、お気軽にお問い合わせください。

下町の文京千駄木にショップを構えるサンライズブルバード千駄木は、オーナー様のニーズに合わせて様々なチャレンジを続けてきました。現在では、ヨーロッパ車の足まわりのスペシャルショップとしてはもちろん、インテリア・エクステリアからエンジンまわりまで、半世紀以上にわたる豊富なノウハウをお客様にフィードバックできるよう、常に新しい情報・技術を積極的に取り入れています。