DEMOCAR

  • HOME
  • DEMOCAR
  • BMW M2 CompetitionにPAGIDサーキット用ブレーキパッドへ交換

BMW M2 CompetitionにPAGIDサーキット用ブレーキパッドへ交換

このエントリーをはてなブックマークに追加

デモカーM2 Competitonを早速サーキットで走らせるために、ブレーキパッド・ブレーキフルードの交換作業を行いました。BMWでサーキットを走る場合ブレーキパッド交換とブレーキフルードは必須作業となります。ノーマルブレーキパッドでは数周であっという間にブレーキはオーバーヒートしてしまい止まらなくなります。恐

用意したブレーキパッドはサーキット走行用としては弊社のポルシェのユーザー様にも定評のPAGID RACINGをチョイス。国内のサーキットでも、ニュルブルクリンクでの走行でも終始安定した制動力と高い耐久性を持つブレーキパッドです。コンパウンドにはRSL-29をチョイスしています。パッド形状はM3/M4系のセラミック用パッドと同じになります。

M2 Competitionにはフロント 6POD φ400mm, リア4POD φ380mmのM3/M4 カーボンセラミックオプションと同じサイズのブレーキシステムが装着されていますが、既に高速道路やワインディングの走行でブレーキ制動力不足が感じられたためサーキット走行前に交換を行いました。

ブレーキパッド交換と同時にブレーキフルードも沸点の高いスポーツタイプのフルード「CCI 550A」に交換。圧送式ブレーキフルードチェンジャーを使用してABSラインもしっかりとフルードの入れ替えを行います。

まずはブレーキキットを変えるまでには至らないと判断してブレーキパッドとブレーキフルード交換でサーキット走行をTESTしていきたいと思います。1650kgの車重を考えると変えるに越したことはありませんがせっかく入っているブレーキシステムですからね!しっかりTESTします。

 

 

 

ARCHIVES

まずは、お気軽にお問い合わせください。

下町の文京千駄木にショップを構えるサンライズブルバード千駄木は、オーナー様のニーズに合わせて様々なチャレンジを続けてきました。現在では、ヨーロッパ車の足まわりのスペシャルショップとしてはもちろん、インテリア・エクステリアからエンジンまわりまで、半世紀以上にわたる豊富なノウハウをお客様にフィードバックできるよう、常に新しい情報・技術を積極的に取り入れています。